年間の行事予定(平成30年)

永代経法要の境内
永代経法要の境内

元旦会     1月 1日(祝)10:30~

春季彼岸会   3月21日(祝)13:30~

花まつり    4月 9日(月)13:30~

永代経法要   6月24日(日)13:30~

盂蘭盆会    8月15日(水)13:30~

秋季彼岸会   9月23日(祝)13:30~

報恩講法要  11月23日(祝)10:30~

 真応寺では、年間の主な行事として、元旦会(1月1日)、春季彼岸会(3月)、花まつり(4月)、永代経法要(6月)、盂蘭盆会(8月15日)、秋季彼岸会(9月)、報恩講法要(11月23日)が勤修されます。
 また、毎月9日の午後1時30分からの法話会には、たくさんの御門徒の皆様がご聴聞に参拝されます。お法(みのり)を頂いた後のお茶会では、本堂が楽しいおしゃべりでいっぱいになります。
 毎年5月には、親鸞聖人の御旧跡を訪ねる参拝旅行が行われ、見学地周辺の味覚や温泉を楽しみながら、親睦を深めています。また、気候の穏やかな季節に不定期に開催される「真遊会(お散歩の会)」では、川越や岩槻などの歴史ある町並みをゆっくり散策したり、鉄道博物館などを見学したり、時には、浅草でおいしい天ぷらを食べたりするなど、参加してくださった皆様と楽しいひとときを過ごしています。
 その他、毎週月曜日には地元の女性コーラスグループが本堂で練習し、豊かな歌声を響かせています。毎週火曜日の健康教室も人気の行事です。さらに、年末のお餅つきには、大勢の皆様が参加され、元気なかけ声が境内にあふれます。
 真応寺では、法要や法話会の最後に、仏教讃歌や心の温まる歌を、皆さんで歌うことが恒例となっています。住職の歌声に合わせ、参拝の皆様の元気な歌声が本堂いっぱいに響きます。また、音楽法要を勤修したり、行事のアトラクションとして、プロのマリンバ奏者による演奏や音楽大学生によるミニコンサートが計画されるなど、お念仏と音楽のあふれる寺を目指しています。

 

真応寺の歴史

 真応寺のルーツは、北陸の越前国(福井県)にあります。
 1575年、越前国丹生郡の天台宗真入院は朝倉攻めの織田信長の軍勢によって破壊されました。1591年村の人々の願いによって本願寺に帰依改宗し、浄土真宗の道場として再建され、1684年真光寺と号し、浄喜師が第一世住職となりました。その後、三百有余年、時には寺運の隆替はありましたが、法灯連綿として絶えることなく、聞真実功徳の法を深信するお念仏の道場として今に至っています。明治大正期に華厳経学を研究し勧学職を授けられた熱田霊知師は、真光寺第16世住職であり、真応寺開基住職・熱田英明の祖父に当たります。
 真光寺17世住職の四男である熱田英明は、昭和55年4月、福井から上京した首都圏在住の門信徒のために、現在地において「真光寺分院」を創建しました。その後、平成4年9月には本山より非法人教会「真応教会」の寺号公称を許可され、さらに、平成7年3月、埼玉県知事より「規則認証書」を受けて宗教法人登記が完了し、本山より宗教法人「真応寺」の寺号公称を許可され、熱田英明が初代住職に就任いたしました。平成16年5月5日には、組内ご寺院の皆様の温かいお力添えをいただき、念願の新本堂の落慶法要を勤修させていただきました。

 初代住職熱田英明は、22年間住職を務めた後、平成29年8月31日に退任いたしました。第2世住職には、英明の次男の熱田庫康が就任し現在に至っています。なお、初代住職熱田英明は、平成30年9月27日、89歳を一期に往生の素懐を遂げさせていただきました。

 

真応寺の僧侶

前住職 熱 田 英 明
前住職 熱 田 英 明
住職 熱 田 庫 康
住職 熱 田 庫 康

真応寺(しんのうじ)

〒330-0856

埼玉県さいたま市大宮区

三橋1-288

TEL 048-663-2721

FAX 048-665-2907 

ご門徒の皆様のための合同埋葬施設があります。

平成30年

報恩講法要

  11月23日(金・祝)

    10:30~15:30

12月法話会

  12月  9日(日)

    13:30~15:30

大掃除・煤払い

  12月26日(水)

    10:00~11:30

 

平成31年

元旦会

  1月  1日(火・祝)

    10:30~12:00

1月法話会

  1月  9日(水)

    13:30~15:30

2月法話会

  2月  9日(土)

    13:30~15:30

※どなたでもご参加いただけます

1年を通じて、毎日午前6時から「正信念仏偈」と親鸞聖人のお作りになった「和讃」を6首ずつ順番に読んでおります。